コーチ紹介

SCHOOL COACHES

梅田 智之(Tomoyuki Umeda)
小学生の頃は根っからの野球少年。6年生時に秋田県から来た転校生のお陰でバスケットボールに出逢う。
中学に進学するタイミングで坊主頭にしたくなかったのが半分。バスケがしたかったのが半分でバスケ部に入部。3年時には九州大会ベスト4まで進む
高校へは推薦で入れると思っていたが落ちる。その後必死に勉強して落ちた高校に進学。
仲間にも恵まれ3年時には総体ベスト16まで進出。
高校から千葉の企業へ就職。実業団で選抜にも選んでもらうが仕事との両立も難しくぱっとせず。
熊本に帰郷してからクラブチームで又も仲間に恵まれ全国大会出場。
そんな中アメリカのIBLというプロリーグに参戦する機会を得て色んな意味で衝撃を受けて帰国。

熊本に「世界基準の環境」を創る事が目標
Make world standard


東 信克(Nobukatsu Higashi)
小学4年生で友だちがバスケ部に入るということで、なんとなくバスケ部に入る。
(直前までバレー部入会申込書を持っていた。。。)
4年次、バスケットボールが一時嫌いになり、部活から離れる。
5年生で部活の先生が担任となり、バスケ部に戻る。
6年次、キャプテンになり、県大会優勝を果たす。しかし、4番でベンチ。

中学でもバスケ部に進むが指導者不在。
3年次、キャプテンになる。コーチングの勉強を始め、県大会ベスト8を果たす。しかし、4番選手兼Coachでベンチ。

高校でもバスケ部に進むが、3ヶ月で不登校になる。

専門学校へ進み、専門学校九州大会3位を果たす。しかし、ベンチ。

ストリートバスケ、フリースタイルバスケと出会う。
そんな中、アメリカに行かないかとの声がかかり、レッドベアーズのコーチとなる。
また、レッドベアーズの兄弟チームパーフェクトカンバッション(成年男子)をエアロ(守田)コーチと立ち上げる。

3度コーチの勉強のため渡米し、2013年Tornado Academyを立ち上げ、GMとなる。
全国8箇所、約650名の会員。

夢 「世界中の子供達の笑顔を見る」

このために、バスケットボールをツールに活動している。


北恵 繭(Mayu Kitae)
小学校2年生、姉の影響でバスケットボールを始める。
5歳からやっていた空手と、どちらを続けるか悩んだ結果、バスケットボールを選ぶ。
6年生、チームのキャプテンになり県大会2位。
部活とは別に、バスケットスクールへ通う。(西田コーチと出会う)
中学校でもキャプテンになるが、チームはいまいちぱっとせず。
中学3年生、高校進学に悩んでいるときに、西田コーチの紹介で熊本県の高校に練習参加にいく。(東海星翔高校)
東海星翔高校に入学。2年生総体県ベスト4

高校卒業後、レッドベアーズでコーチをしている。
2013年C-Tornado参加

目標:「バスケットが好き!バスケットが楽しい!という子供たちをもっともっとふやす」


守田 敦(Atsushi Morita)
バスケットは小学4年生のときにひとつ上の兄のが入っていたのと、当時のスラムダンクブームにのっかった形で始めました!
小学校~中学校では、なんとなく続けてバスケットそのものを『楽しい』とは感じていなかったかもしれません。
高校は弱かったので、チームの中心的にプレーはしていたものの、バスケットの環境には恵まれていなかったと思います。

二十歳を超えて、もう一度バスケットを始めてみて、たくさんの人と出会い、少しずつバスケットのスキルや楽しむことがわかってきたように思えます。
また、『楽しい』がスキルの成長に不可欠だということも感じました。

2006年、自身が代表をつとめたパーフェクトカンバッション(成年男子)チームを作って、がっちゃんを監督にバスケットの勉強や、縁を広げるきっかけとなり、自分自身も大きく成長できました。

2011年から合志南小学校の外部コーチとして指導に携わることになり、バスケットの指導を本格的に勉強したいという思いでレッドベアーズのコーチとしても指導させて頂けるようになりました。
小学校での外部指導は2年間でしたが、こどもたちにバスケットをまず楽しむということに照準を絞ってやって、その中でのこどもたちの成長に僕自身がとても勉強にもなり素晴らしい経験になりました。

2013年にはコーチの勉強で渡米し、アメリカでの環境でのバスケットの文化やこどもたちの様子にインパクトを受けて、2013年4月から自身でも合志市にパーフェクトカンバッション(バスケットスクール)を立ち上げました。

まだまだ、たくさんの出会い、成長を信じてバスケットを通しての活動を楽しみたいと思っています。


アドバイザー
西田 辰巳(Tatsumi Nishida)

熊本県1964年生まれの辰年

@熊本市立西原小学校卒業(昭和51年度)
6年生時 熊本県大会優勝 第8回(昭和51年度)全国ミニバスケットボール交換大会出場(島根)
5年生の時、空手(千唐流)を習い始める 白帯~茶帯(3級まで昇進)
親の仕事の都合で転校続きだったので、若干引きこもり気味だった私を、祖父の提案で「根性を付ける」という目的でスタート
6年生の時、西原クラブ部入部
最初は総合型スポーツクラブだったが、夏から本格的にバスケット部になる
12月に行われた熊本県大会で優勝

@熊本市立出水中学校卒業(昭和54年度)
1年生時 熊本市東部地区1年生大会優勝
2年生時 熊本県新人戦大会優勝
3年生時 副キャプテン 熊本市中体連大会優勝 熊本県優勝大会準優勝

@熊本県立熊本工業高校卒業(昭和57年度)
1年生時 熊本県1年生大会優勝
2年生時 キャプテン 熊本県新人戦大会準優勝/南九州大会熊本県予選優勝・本戦優勝
高校総体熊本県予選優勝・九州大会3位・高校総体ベスト8/島根国体ベスト16

@大阪商業大学卒業(昭和60年度)
2年生時 関西新人戦大会優勝(キャプテン)/関西リーグ優勝 神戸インカレベスト4
3年生時 西日本大会優勝/関西リーグ準優勝/インカレベスト16
4年生時 キャプテン 関西リーグ優秀選手/インカレベスト16

@大学卒業後
卒業後直ぐは、バスケットの道を選ばず渡豪
帰国後地元のクラブチームに参加しクラブ選手権熊本県予選7連覇
指導歴&役職
帰国後から地元の中学/高校などをボランティアで指導育成
2005年 東海大学九州のアシスタントコーチ就任
2009年 大阪商業大学アシスタントコーチに就任
2009年~2012年 Nippon Tornadoes監督
2012年 International Basketball Leagueオーナー兼アジア担当就任
モットー
Make a Dream Get a Dream 目指せ世界基準、そしてバスケットが創る世界平和
「暗いと不平を言うよりも、進んで灯りつけましょう!」の実践やってます(昔朝のテレビ番組で言ってました)

誰でも同じ24時間、それは平等。
その時間をどうせ使うなら世界を基準にした一歩にしたい。
地区の優勝や日本での勝ち負けではなく、世界の中で自分の位置を知る方がまだ良い。
それは結局、言語、文化、週間、民族、宗教を超えてバスケットを通した人材の育成にも繋がる。
そしてその先には、差別感の無い多くの人材が排出され、結果、同じ感覚を持ち価値観を共有出来る人間が増え、最終的には世界平和につながっていく。
平和でなければバスケットも楽しめないから。
※一般的な仏教徒/家には仏壇と神棚があります